超にんにくフェスを企業が喜んで協賛・出店したくなるイベントにするには?

今年は小林製薬社からブレスケア・ゼリア新薬社からヘパリーゼのご協賛

こんばんは。Outgrow Japan株式会社の山本周平です。弊社は、2017年のにんにくフェスから主催として参画しています。その時には、ご協賛してくださった企業はサントリー様と松尾農園様のみでした。

しかし、福岡で3年目になってご協賛してください企業も徐々に増えてきています。ビールの会社もサントリー様からサッポロ様にブランドをチェンジし、今年は小林製薬様とゼリア新薬様からご協賛をいただくことができました。

にんにくとお酒の食フェスイベントなのでどちらもお客さんからとても喜ばれていました。予想を4500名、目標を5000名にしていたのですが、実際には6000名の来場者が来たために協賛していただいたサンプルが足りないという事態に。嬉しい悲鳴ですね。

企業・消費者・イベント主催者の三者にとってWinとなるようなご協賛だったと思います。

協賛する企業のメリットとは?

これまで行われた超にんにくフェスでは、どちらかというと企業のことは考えておりませんでした。料金を支払うお客さんにとって楽しいイベントを提供することが中心だったので。

しかし、福岡で3年実施してみて多くのお客さんに喜んでいただけることが分かったため次のステップへ進みたいと考えております。

それが、企業への新しい協賛プランの作成です。ご協賛をいただく以上、その企業にとってのウマミがなければなりません。

現在、そのウマミを考え中です。どうしたら、喜んでもらえるのか?と。

出店を考える店舗は、悩みや欲求がシンプルですよね。

「そこに出店をすることで、儲かるのか?」

です。赤字になったり、黒字だったとしても割に合わないような金額では出店するウマミはありません。この金額の設定も非常に大事と思っています。

にんにくフェスで◯◯な企画をしてみたいという企業募集!

まだ全くプランを作っていないので、企業の方で「こんなイベント協賛のプランがあればしてみたい」という企画があれば是非教えてください。超にんにくフェスの主催者は(もうひとりも)基本的には、NGは出しません。可能な限り実現にむけて動きますので、遠慮なくお申し付けください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください