見込み客が向こうから自動であなたの元へやってくる『モテ型集客』とは?

<要点>
モテ型集客の仕組みを
会社員のうちから作れ!!

  • やったらダメな【ストーカー型集客】
    =見込み客を追いかけ続けるやり方
    =テレアポ/飛び込み/交流会/SNS
    =体力的にも精神的にもキツイ
  • 今から準備すべき【モテ型集客】
    =見込み客が向こうから来るやり方

    =広告を使った集客の仕組み
    =自分の自由な時間も取れてお金を稼げる

間違った『集客』の仕方がある

お金もない…商品もない…人脈もない!
でも起業したい!独立したい!
けど何していいか分からん…

のであれば…
『集客 × セールス』スキルを
磨いて行きましょう!

と前回お話をしました。

『集客 × セールス』スキルがあれば…

◆どんなビジネスでも立ち上げられる
◆自分の好きなことで起業ができる
◆お金を稼げなくなることがない
◆自分の稼ぎたい金額を稼げる
◆自分の自由な時間を作れる

そんなメリットが
たくさんあります!

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ 
前回の記事
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ 

し・か・し!

『集客×セールス』スキルでも
正しいやり方と間違ったやり方が
あります。

間違ったやり方を習得すると
あなたが不幸になってしまいますよ…
という話でしたね。

❌ 会社員のときより時間に縛られる
❌ 働く場所も縛られる
❌ 会社員よりも給料が安い
❌ ずっとテレアポ続けないとダメ
❌ 好きな仕事ができない

などなど!恐ろしや。笑

したがって 

今回の記事では特に
『集客』に関する

間違ったやり方:ストーカー型集客
 正しいやり方:モテ型集客

のお話をしていきます!
この記事を読むときには

◆間違った集客=ストーカー型集客
 を続けるとどんな弊害が起きるのか?

◆正しい集客=モテ型集客をすれば
 どれだけ自分の仕事が楽になるか?
 どれだけ自由になれるのか?

を意識して読んでみてください!

そして1日でも早く
正しい集客『モテ型集客』
準備を始めてもらえれば嬉しいです。

ストーカー型集客から
モテ型集客に変えた
英会話スクールの社長

見込み客を追いかけ続ける
ストーカー型集客

もし僕が21歳に戻れるとしたら
耳にタコができるぐらい
伝えたいのがこの話。笑
(だからめちゃめちゃ集中して読んでね)

おそらく会社員のあなたが

今、何も勉強しないままに
起業をすると必ず陥るやり方が

興味のない人も含めて
手当たりしだいに連絡しまくり
見込み客を追いかけ続ける
ストーカー型集客

というやり方です。
代表的なのは

■テレアポ
■飛び込み営業
■交流会に行く
■SNSでスパムのように直接DMを送る
 (僕はこれでしたw)

の4つ!

やったことがある人は
分かる思いますが
とにかく……キツイ!!笑

ストーカー型集客の特徴は
以下のとおりです。

①ずっと動き続ける必要がある
②安定的に稼げず予測がつかない
③見込みじゃない人に時間奪われる

え、これいつまで続けるの?起業してから死ぬまでずっと?

とキツイし、不安で不安で
しょうがありませんでした。

①ずっと動き続ける必要がある

偉そうなことを言っていますが
僕も『モテ型集客』が出来るようになったのは
2020年にはいってからなんです。

つまり起業してから7年間は
ストーカー型集客しかできませんでした。

7年間ですよ。7年間。笑

ストーカー型集客は
本当にずーーーっと
動き続けなければなりません。

一時的に売上が1000万円を
超えるときもあったのですが
翌月になればまたゼロに
戻ってしまいます。
(その恐怖といったら…)

テレアポならまた
毎日100件と電話しないとダメ。

飛び込みなら
毎日400件ピンポンしないとダメ。

交流会なら
毎日調べて足を運ばないとだめ。

SNSなら
せっせこ情報発信して
直接DMを100件送らないとダメ。

できないことはないけど
ぶっちゃけめちゃめちゃ
しんどくないですか?

会社員のうちは
手を止めたとしても
毎月銀行口座にお金は
振り込まれますが社長は違います。

自分が動くのを辞めたら
口座にお金が入らなくなる。

だから仕方なくずっと
続けるしかありませんでした。

②安定的に稼げず予測がつかない

ストーカー型集客の
不安なところはとにかく
不安定だということ。

見込み客だろうが
見込み客でなかろうが

とにかく手当り次第に
アプローチをしていくので

いつ見込み客に
当たるのかは時の運です。

本当に「数撃ちゃ当たる」理論なので
数字をあげようと思ったら
必然的に分母を増やすしかないんですよ…。

でも増やしたからといって
安定するわけでもないのが
非常にしんどいところ。

自分の今後の収入の予測を
立てることができずに
将来がずっと不安でした。

③見込み外の人に時間を奪われる

何が精神的にキツイのか?といえば

見込みじゃない人にアプローチして
強引にアポイントはとったものの
全く購入する気がないから
時間だけ奪われるというパターンです。

セールス力を使って時間をかければ
売れないこともないけれど…

めちゃめちゃ時間を使ったにも
関わらず最後の最後に
売れなかった時といったら
ショックが凄まじいです。(泣)

見込み客にさえ会うことができれば売れるのに…

と何度思ったことか…。

見込みかそうじゃないかは
実際に会ってみないとわからないので
アポが取れたら会ってみるのですが

会うと大体5分ぐらい
話しいていれば見込みか
そうじゃないか?が分かります。

全く営業対象外の人と
無駄な時間を1時間過ごす…

なんてこともザラにあったので
本当にイヤになりました。

時間の自由が欲しければ
人を雇うしかない

せっかく自由になりたくて
起業したのにそんな時間もなくて
自分がずっと動き続けるのって
イヤじゃないですか。笑

でもかといって見込み客が
相手から問い合わせにくる
仕組みも作れる力はない…・

そうなると
ストーカー型集客しかできない社長は
自分の自由な時間を作るために

「人を雇う」ことをします。

自分が今までやってきた
ストーカー型集客の方法を
採用した営業マンに教えるのです。

「テレアポはこうするんだよ」
「飛び込みはこうするんだよ」
「交流会ではこうするんだよ」
「SNSはこうやって使うんだよ」

そうして自分と同じことができる
分身となる営業マンを育てます。

ストーカー社長のかわりの
ストーカー営業マンですね!笑

そうすると一時的には
自由な時間とお金が
手に入るんですよ。

(僕もそうでした笑)

200万円ぐらいの人件費をかけて
1000万円ぐらいの売上が入る…みたいな。

しかし……人を雇って
人で自由な時間を作ろうとすると
弊害が出てくるんですよね。

お金/時間/労力をかけたのに
辞められて全てが水の泡になる

人って同じところでずっと
働き続けることはないんですよね。

あなたが今会社を辞めて
独立しようと考えているように

あなたが採用した営業マンたちも
いずれは必ず辞めていってしまいます。

【優秀】でも【優秀じゃなく】ても
どちらでも営業マンは辞めます。

【優秀】ならもっとお金が稼げる会社や
自分の力を試してみたい!と独立したり

【優秀じゃない】なら
こんなに成果が出ないなら
自分の居場所はないな…と思って
別の会社に転職したり。

いずれにせよ

■あなたが費やした人件費
■あなたが教育した時間
■あなた教育した労力
■あなたを悩ませた精神的ストレス

の全てが資産として残らずに
水の泡として消えてしまいます。

本当は計算なんてしたくなかったのですが
顧問の税理士さんに確認してみたんですよ。

あのぉ、ぶっちゃけこれまでにいくら人件費で使いました?

なんと返ってきたと思いますか?

1億5000万円です

1おくごせんま…ん!?

もう唖然としてしまいました。苦笑

1億5000万円あればもっと他に
色々なことができたのに……。

1億5000万円をもっと
自分のスキルに使っていたら
さらにレベルアップしていたのに…。

本当にタイムスリップできるのであれば
1億5000万円を使って

『モテ型集客』と『売り込まないセールス』

のスキルを向上させることに
使っていたとしたら!

今頃、何億とは言わずに
何十億とお金を稼げていただろうに…

今頃、今できていないことが
もっとできるようになって
様々な事業をやっていただろうに…。

と後悔しています。

だ・か・ら!!

あなたには僕と同じような後悔を
決してしてほしくありません。

いまもし見込み客を追いかけ続ける
『ストーカー型集客』しかできないのであれば

見込み客が相手からやってくる『モテ型集客』

を身につけることに
全力を注いでほしいなって
心の底から思います。

見込み客が相手からやって来る
『モテ型集客』とは?

やまもとは7年間もの間
ストーカー型集客に

1億5000万円のお金と
膨大な時間と
多大なる労力と
尋常じゃないほどの精神的ストレス

を注いできました。
しかし、今ではそこに費やしたものは
何も残っていません。泣

だからこそ…

安定的な給料が手に入る
会社員である今のうちから
絶対に身につけておいて欲しいスキル

見込み客が相手から
あなたの元へ来る
『モテ型集客』

です。モテ型集客ができるようになると
以下のようにいいこと尽くしなんですよ!

労働時間がドンドン減る
②安定的に稼げて収益の予測がたつ
③見込み客だけに営業できる
④人を雇わなくても自由な時間が作れる
⑤仕組みが資産として永遠に残り続ける

いままでストーカー型集客を
経験していた身からすると

そんな魔法のようなことが
起きていいのか!?という感じ。笑

①労働時間がドンドン減る

モテ型集客の仕組みを作ることの
嬉しい点はやればやるほど
自分の将来の労働時間が
ドンドンと減っていくということです。

ストーカー型集客では朝から晩まで
ひたすらアポイントをとるために
手を動かし頭を動かし
続けなければならないので

休む暇はありません。

1日10時間×30日間
=1ヶ月で300時間
1年で3600時間

を使ったとしてもその
3600時間は蓄積されずに
またゼロに戻ります。

やってもやっても現状は変わらない。

しかしモテ型集客だと
3600時間かけて作った仕組みは
1日の労働時間を格段に減らしてくれるため

やればやるほどドンドンと
労働時間が減っていくのです。

1日のうちで集客のために
実際に手を動かす時間も3時間程度で良いですし

1週間のうちでも仕組みの
メンテナンスに時間を使えば良いので
週3〜4ほどです。

1日3時間×16日間
=1ヶ月で60時間
1年で576時間

で済みます。

実際に僕も計算してみました。
おなじ金額の売上を上げるために

◆ストーカー型集客
◆モテ型集客

でかかった時間を比較したんですよ。
そしたらなんと

時給換算で
8倍の違い!

びっくらたまげました。笑

そして改めてなんで今までの7年間で
おれはモテ型集客に力をいれなかったんだ…

とさらに後悔するのでした。笑

②稼ぎが安定し予測がつく

モテ型が稼ぎが安定する理由は
『広告』を使った集客方法だからです。

1)広告から興味のある人を集めて
2)興味のある人だけにセールスをする

という流れでお金を稼いでいくのですが

『広告からの流入』
    ↓
『セールスして契約』

までの確率は仕組みが同じなら
毎回ほとんど変わらないんですよ。

つまり…

広告費をいくら使えば
いくらの売上が上がるのか?
がだいたい予想できて
稼ぎが安定するのです。

とにかく数撃ちゃ当たる!精神で
とにかく労働時間を増やすしかなかった
ストーカー型集客と比べて大違いですよね!

そのときは収益の予想を立てることもできず
本当に辛い毎日でした……。苦笑

③見込み客だけに営業できる

営業マン出身であれば
このメリットが一番嬉しいかもしれません。

特にセールス力に自信のある営業マンなら
誰もが一度は考えたことがあるのでは?

僕も売り込まないセールスを
21歳のときから叩き込まれたので
セールス力には自信がありました。

だから

目の前に見込み客となる人さえ
出会うことができれば本当に楽なのに…
と何度思ったことか。笑

しかし、その見込み客に会うまでが
本当に難しいんですよね。

「見込み客に会えれば売れる!」
「でも会えないから全然売れない!」

という状態がずっと続いてましたね…。

結局会えるか会えないかは精神論で
どれだけのメッセージ数を送ったのか?
という昭和の体育会系みたいな感じですもん。
(効率とは程遠い世界)

しかし、モテ型集客をすると

『そもそも商品に興味があり
 商品を買う可能性がある人』

だけが向こうから問い合わせをしてきます。

自分の話を聞く体制ができていて
自分の話を聞きたい!と言って
向こうから来てくれるんです。

テレアポや飛び込みなどの
ストーカー型集客をしている
営業マンのあなた!信じられます?

モテ型集客の仕組みを作って
初めて問い合わせが来た時
僕は本当に感動しました……。

めちゃめちゃ喋りやすいんですもん。
そもそも相手は聞く体制ですから。

どうやって興味付けしようか?
と必死だった過去の非効率な
営業からさよなら!!!

いままでやってた苦労は
いったい何だったんだ!
という喜びと後悔がすごかった。笑
(何回、7年間を後悔すんねん!w)

④人を雇わず自由になれる

これも僕にとっては嬉しすぎました…。

今までの僕にとっての
一番の精神的ストレスは
従業員に関するものだったからです。

従業員を雇って
自分がいなくても売上が上がる
仕組みを作ったのはいいものの

自分の収入を従業員に依存し始めると
従業員たちの発言力が大きくなり
だんだんワガママになってきます。

「おれたちには面倒くさい
 ストーカー型集客ばっかりやらせて
 やまもと社長は新しくて楽しそうなこと
 ばかりやってる」

と腹を立てられることが
よくありました。汗

腹が立つとモチベーションが下がって
全体的なパフォーマンスが下がります。

営業マンたちのパフォーマンスが
下がるということは
自分の収入もなくなってしまうということ。
(恐怖!)

なのでモチベーションを上げるために
毎日9時に会社にいって
やる気アップのための時間を
取らなければならない…

という不自由な縛りができてしまったのです。

何回採用しては
何回教育したか。
そして何回やめていったのか。笑

そんな僕からすれば
『モテ型集客』の仕組みは
本当に最高すぎました!

だって人に頼らなくても
労働時間が減って自由な時間が
増えるんですから。

もう依存しなくても
収入が入ってくる仕組みを
作ることができたんですから!

今もその状態が続いていて
毎日ノンストレスでめちゃめちゃ楽しいです。

売上が下がった時に
今まではどうやって従業員の
やる気を出させるのか?

と頭を悩ませていたのに

今では自分の問題を分析して
自分の行動を変えればよいだけなので
本当に楽ですぐに成果がかわります。

僕がやまもと社長式ひとり起業で
伝えたいのは「依存」はダメだよ!
ということです。

⑤仕組みが資産として残る

ストーカー型集客の最大の損失は
自分がめちゃめちゃ頑張って
努力した時間が全く資産として
残らないという点です。

毎月リセットされる感覚ですね。
(よくぞ7年間やってきたなw)

しかし『モテ型集客』は違います。

自分で作った仕組みは
自分で消さない限り永遠に
残り続けてくれます!

会社経営9年目に入ってやっと
気づきました。いかに資産を増やすか?
が大事なのかと。

資産というのは何も不動産とか
金融資産とかそういうものではありません。

お金を生み出す自分のスキルや
お金を生み出してくれる仕組みのことです。

僕が7年間でストーカー型集客に
費やしてきた1億5000万円と時間と労力を
全てモテ型集客に費やしたら

とんでもない数字だっただろうに!

でも、この記事を見ているあなたは幸運ですよ。

本来だったら将来めちゃめちゃ損するはずだったのに
この記事を読むことによって
1億5000万円を稼いだに等しいんですから。笑

会社員のうちからガンガンと
将来に残る資産を作っていきましょう!

モテ型集客ってどうやるの?

やまもとさん!モテ型集客が大事なのは分かったから、もったいぶらないで早く教えて下さいよ!

という声がそろそろ
聞こえてきそうだな
と思いました。笑

それではモテ型集客の仕組みを
非常に簡単に分かりやすく
説明していきますね!!

<モテ型集客ステップ①>
レスポンス広告を出す

え!?広告ですか?You TubeやSNSなどの無料集客の方が良いって聞きましたけど?

僕もそう思ってました!

無料の集客の方がいいよ!
と言われて僕はずーっと
SNSで頑張っていたんですよ。

『広告』ってもともと
そんなに良いイメージが
なかったんですよね。

だから7年間やってませんでした。苦笑
(笑ってる場合ちゃう)

会社の業績が悪くなると
広告費って真っ先に削減される
重要じゃない経費だと思っていたので

まさか自分が広告を打つなんて
思ってもみなかったですよ。

しかも過去に僕は広告の詐欺で
100万円ぐらい失っているので
より敏感だったんです。笑

しかし!
僕が広告を出してモテ型集客の
仕組みを作ろうと思ったきっかけは
1つの誤解が解けたことでした。

それは

費用だけかかって
全くお金を稼げない広告だけでなく
錬金術のように出せば出すほど

お金が稼げる広告がある

ということです。

イメージ広告:稼げない広告

広告費だけかかっても
全くお金を稼げない広告のことを

イメージ広告といいます。

イメージ広告とはざっくり言うと
きれいな写真がドーンと出て
真ん中にかっこよさげな言葉
一言書いてあるような広告。

こんな感じ。笑 ありますよねー!w

でもあなたはこんな広告、
絶対に出してはいけませんよ!笑
イメージ広告を出していいのは大企業だけ。

この広告を出しても1円も
稼ぐことはできません。

そもそもこの広告は
売上を上げることを
目的としておらず

企業や商品のイメージを
アップさせることを
目的としてます。

なので業績が悪くなると
削減対象になる
広告費だった!ということですね。

広告というのはイメージ広告のことで
売上には関係ないというのが

今までの常識だったのですが
次に紹介する広告の存在を知って
僕の考えが変わりました。

レスポンス広告:稼げる広告


2つ目はレスポンス広告です。

レスポンス広告とは名前の通り
レスポンス(反応)を取ることを
目的とした広告です。

反応というのは

◆電話をする
◆資料請求をする
◆セミナーの参加申込をする
◆相談の予約をする
◆お店の予約をする

などなど…

広告を見た人に何かしらの
アクションを起こしてもらうことを
目的とした広告のことです。

このレスポンス広告こそが
お金を生み出してくれる
魔法のような広告なんですよ。

どんな広告かというと

【ごちゃごちゃした広告】です。笑

こんな感じのものだったり。
(うちのポストに入ってたチラシ)

僕が作ったレスポンス広告でいうと
こんなものがあります。

こんなのだったり。
(他にもいっぱい作ってます)

このようなレスポンス広告を
使うというのがモテ型集客の
第一歩なんですよね!

<モテ型集客ステップ②>
商品に興味のある人の
連絡先を手に入れる

興味のある人を集めるだけ?商品を売るんじゃないんですか?

それは大きな勘違い!商品をいきなり売るんじゃなくて、興味ある人を集めるのが大事なんです。

実はこのステップ、かなり大事なポイント。

レスポンス広告の中には
いきなり商品を売る広告もありますが
あなたはやってはいけません。

なぜなら?

売れないから。笑

あなたもこのレスポンス広告を
FacebookでもInstagramなどで
見たことがあると思うんですけど

いきなり商品を売られて
買おうって思いますか?笑

あなたがこれから実行する
やまもと社長式『モテ型集客』は
いきなり商品を売るのではなく

商品に興味のある人を
まず集めてもらいます。

したがって広告での目的は
商品を売ることではなく
お客さんの連絡先
(電話/メール/LINE/住所)
をゲットすることです!

今すぐ客とそのうち客

なぜいきなり商品を売っても
売れないか?というと
大企業に負けちゃうからなんですよね。

いきなり商品を売って
売れるお客さんというのは
差し迫ったニーズが
あるということです。
(そもそも商品を買おうとしていた!)

商品を今にも買おうとしている
差し迫ったニーズがある人を
『いますぐ客』といいます。

この今すぐ客は
お客さんになりやすいので
大企業も獲得しようと必死なんですよ。

したがって狙っている企業も多く
広告を出している競合が多いため

顧客を獲得するのに
必要な広告費が上がってしまいます。

それに対して商品に興味はあるけれど
いますぐ買うつもりはない人のことを
『そのうち客』といいます。

大企業ではなくスモールビジネスで
起業したい方の場合はこちらの
『いますぐ客』を
狙っていくべきなんですよ。

なぜならば?

広告費も安く連絡先が獲得できるし
十分にあなたのビジネスの
お客さんになる可能性があります。

レスポンス広告を出して
あなたの商品に興味がある人を
集めることができれば

モテ型集客への大きな第一歩を
踏み出したと言えるでしょう!

<モテ型集客ステップ③>
有益な情報を送って
信頼関係を作る

ステップ2で商品に興味のある人の
連絡先をゲットしたあとは
その人たちに対して『有益な情報』を
ドンドンと提供していきます。

(僕が今書いているこの文章がそれ笑)

これもあなたには
心当たりがあるのでは
ないでしょうか?

なにかメールアドレスやLINEを登録すると
色々な情報を送られてくることが
ありますよね。
(わいのメールフォルダがカオス)

それはあなたとの信頼関係を
構築しようとしているからなんです。

見込み客が求めている理想を理解して
見込み客がその理想の人になれるように
役に立つことを意識して情報を送ります。

そうすることであなたという人が
どんな人なのかも分かり信頼関係が
ドンドンと増していくんですよね!

住宅を売りたいのであれば
住宅を買おうとしている人が
気になっていることや悩んでいることに関する
Q&Aを送ったり

車を売りたいのであれば
車を購入しようとしている人が
知りたいことをドンドンと
情報提供します。

そうしてあなたからの
情報が待ち遠しいくなるぐらい

登録してくれている人にとって
有益な情報を発信して信頼関係を
作っていきましょう。

<モテ型集客ステップ④>
相談/説明会/体験会などの
告知をする

ステップ3で信頼関係が構築できたら
あとは『相談/説明会/体験会』などの
告知をしてください。

あなたがもしステップ3で
しっかりと信頼関係が構築できていたら
相手の方から勝手にあなたの開催する
相談/説明会/体験会に人がやってきます。

僕も留学のときは説明会を
東京/大阪/福岡の3都市で毎月
実施していましたがいつも人が来ていました。

もう、本当に楽ですよ〜(T_T)

だってもう興味がある人だけですもん。
目の前に来ている人は。

あとはこの次の記事でお話する
『売り込まないセールス』で
相手が気持ちよく買えるような
商品の売り方をすればよいということですね!

2021年版のモテ型集客の
仕組みづくりを
セミナーで体験できます

以上のように

ステップ①レスポンス広告を出す
ステップ②興味のある人の連絡先を手に入れる
ステップ③有益な情報を送って信頼関係を作る
ステップ④相談/説明会/体験会などの告知をする

をすれば

見込み客が相手の方からやってくる
『モテ型集』が完成です!

このモテ型集客は
もともとアメリカ生まれで
歴史は非常に長いです。

しかし時代がどれぐらい昔であろうと
現代であろうと原理原則は変わらないので
ずっと使い続けることができているんですよね!
(テレビショッピングもそう)

ただ……その一方で
2020年現在では世の中に情報が
たくさんありすぎて何が正しいのかも
わからないってことはありませんか?

◆広告は何を使ったらいいの?
◆広告には何を書いたらいいの?
◆具体的にこれから使うツール/サービスはどれ?
◆どこがわるいのか分からない
◆初心者だから全然分からん!
◆有益な情報ってどんな感じ?

きっとここまで読んでくれた
ということはもっともっと
知りたいことがたくさん
あるのではないでしょうか!

ずばり中々ブログでは書くことができない
もっと突っ込んだ情報を
セミナーでお伝えしたいと思います。

◆2021年にむけて今真っ先に身につけるべき広告
◆反応が取れる広告の作り方
◆信頼関係が構築出来る有益な情報との作り方
◆モテ型集客のさらに具体的な作り方

などなど。

毎回少人数で数が限らているので
お申し込みはお早めに!

セミナーの詳細はこちらから


1 個のコメント

  • モテ型集客の大切さと広告の魅力などわかりやすく解説されていますね!
    社長の経験談もあってよく理解できます!
    記事を書いてアウトプットすることの大事さは痛感しました!
    僕も引き続きやっていこうと思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です