【解説編】友人からネットワークビジネスの誘いがきた。さてあなたならどうする?

ユーザーならOK。ビジネスは辞めときな。

20歳の山本周平君が手を出したネットワークビジネス。どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか!僕も起業してからの7年間でいーーーーーーっぱいお話を聞いてきました。

友達から話をもらうこともしばしば……。笑

ネットワークビジネスとは、MLM(マルチレベルマーケティング=連鎖販売取引)と言われる方法を使って、商品を販売していくビジネスモデルを指します。

実際に経験もある僕の結論は以下の通り!

「商品は良いからユーザーとしてはいい!ただ、『権利収入がほしい!』『お金持ちになりたい!』と言う安易な気持ちでディストリビューター(=販売員)になるべきではない」

理由は、3つ。

  • めちゃめちゃ高度な対面営業スキル・コミュニケーションスキルが必要
  • 既存の友人・知人を失っても大丈夫な鋼のメンタルが必要
  • 初対面の人にすごい嫌な顔をされても大丈夫な鋼のメンタルが必要

だからです。そのことを分かってやるのであれば、その人の人生ですからOKでしょう!

でも、知らないでやるには「あの人◯◯っていうネットワークビジネスをやってる人だよというイメージのリスク」が大きすぎる気がするんですよねーーーー。

(いや〜自伝でも話してますけど、きついですよー笑)

ネットワークビジネスとは何?

僕がはじめて「ネットワークビジネス」と聞いたときは、「インターネットを使う何かかな?」と思いました。しかし、インターネットとは真反対。

ガチガチのアナログ世界でのマーケティング方法をとっています。

商品を販売するためには、いろいろな方法がありますよね。

自分で商品を何か作ったとして、それをどこかのお店で販売をしてもらうか、ネットで販売をするか、口コミで広がっていくか。

このネットワークビジネスというのは、商品を口コミで広げていくビジネスモデルのことを言います。マルチレベルマーケティング=MLM=連鎖販売取引という手法。

一昔前に、ネズミ講という言葉が流行りましたがこのMLMとピラミッド構造の形が非常に似ているんですよ。

違うのは、ネズミ講は違法であり、MLMは合法であるということ。

さらには、ネズミ講は商品がないのに対して、MLMは商品が実在します。

とりあえず、マーケティング(=商品を広めるための活動)手法としては非常に似ているという認識で問題ないでしょう。

※MLMをされている方にこの話をすると烈火の如く怒られます。「ネズミ講とは違うんだ!」と。そう、違うんだけど似ているんです。笑

なぜネットワークビジネスを始めるのか?

ネットワークビジネスを教えてくれる人は

  • 学生時代の友達
  • 職場の友達・上司
  • 偶然交流会や飲み会で会った人

が多いです。そこから、「すごい話があるよ!」「面白いビジネスを見つけたよ」「働かなくてもお金が入ってくる権利収入の作り方を教えてくれるよ」といった類の文言で誘われます。僕もそうでしたしね。笑

ネットワークビジネスの訴求は

「いまの収入では満足できない」
「将来起業してみたい」
「年金だけじゃ不安だから収入源がほしい」
「働きたくない」

様々な悩みを持っている人に対して、「このネットワークビジネスをやれば解決できる!」というもの。

そういう悩みを解決しようとするのは間違ったことではありませんが、実際に解決できるかどうか?がとても重要なポイントではないでしょうか。

ネットワークビジネスのメリット

  • 少ない資金でスタートできる(30万円ぐらい)
  • 頑張れば権利収入を得られる(頑張れば)
  • メンタルが鍛えられる(皮肉入ってます)
  • 営業スキル、コミュニケーションスキルが鍛えられる(皮肉入ってます)
  • 商品は市販のものよりはるかに良い(これはホント)

メリットを書こうとするのですが、どうしても自分の主義が表に出てしまって皮肉になってしまってますね。笑

とにかく言えるのは、商品は良いということ。化粧品や、シャンプーなどの日用品、健康食品や空気清浄機etc….いいものばかりだと思います。

「開発にお金をかけています!」と言うだけあって、商品を使っている人はとても満足しているのではないでしょうか。僕の友達にもユーザーとして使っている人はたくさんいますよー!

ネットワークビジネスのデメリット

  • 【最重要】友人・知人があなたのもとから離れる
  • 初対面の人からのイメージが悪い
  • めちゃめちゃ難しい分野の営業マンになるということ
  • 対面の高度な営業スキルが必要となる
  • 毎月大量の商品を購入しないとタイトルが維持できない
  • 一度作った組織が崩壊して権利収入が一瞬にしてなくなることがある

ビジネスとしてやるなら考え直したほうが良いと思います。とにかく、めちゃめちゃ難しいんですよ。高度な対面の営業スキルが必要!!

参入障壁が低いだとか、誰でもできるという文言で誘われることが多いですが、営業やプレゼンテーションに自信があるいまの僕でも「これは中々難しい」とやる気が起きません。笑

だって、最初から「うわ、怪しいビジネスだ」という印象を持たれている人をひっくり返さないといけないんですよ。さらに、他の人からのイメージって最悪だし。笑

「人」で作る権利収入は崩れやすい

起業したいなー、副業したいなーと思う人が最初に始めることって

インターネットビジネス

  • 転売
  • アフィリエイト
  • コンテンツ販売(情報商材の販売)

投資

  • FX
  • 株式投資
  • バイナリーオプション

ネットワークビジネス

  • アムウェイ
  • ニュースキン
  • フォーデイズ
  • モデーア
  • その他たくさん

の中のどれかに当てはまることが多いです。

それぞれのビジネスに特徴がありますが、ネットワークビジネスの一番の特徴は良くも悪くも「人」!

働かなくてもお金が入って来ると言われる「権利収入」を作る仕組みが、「人」で作られています。

自分が紹介した人が、さらにまた別の人を紹介してくれる。そして組織ができる。できた組織の人が購入した商品の売上の数%〜数十%が報酬として毎月入ってくるというものです。

ただ……。人間関係って、正直この世でいちばん難しいものなんじゃないかな?って思うんですよ。(個人的見解)

ちょっとしたことから、人間関係ってすぐ崩れてしまいますよね。

僕はこれまでに様々な組織が崩壊していくのを見てきました。ネットワークビジネスじゃないですが、僕が作った営業組織はことごとく崩壊。苦笑

最初にめちゃめちゃ頑張って、月収30万円ぐらいの組織を作った人が数カ月後には無収入になっている なんていう事例は山程あります。

ネットワークビジネスあるある

僕のこれまでの経験でのあるあるです。笑

  • マッチングアプリで自由業って書いてある人はMLM
  • マッチングアプリで年収が1500万円〜になってる女性はMLM
  • タワーマンションでやるホームパーティに要注意
  • 急に身なりがブランド物→それはローンで買っている
  • SNSの発信が急に「こんな素敵な仲間であえて嬉しい」的な感じになる
  • SNSの発信が美味しい料理やシャレオツな飲食店になる
  • これは他のネットワークビジネスとは違う!という

まとめ:ユーザーはOK。ビジネスはしんどい。

少し長くなりましたが、僕の持論は表題の通りです!

商品はすごく良いものなので、ユーザーとして購入するのは良いと思います。もういまは使ってないんですが、僕もMLMの会社のサプリメントを使っていたときがあります。元気になりましたよ!笑

ただ、「じゃあこれで夢をつかもう!権利収入を手に入れよう!」といってビジネスとして始めるのはストップを僕はかけたいかな。

  • 鋼のメンタル
  • 営業のプロフェッショナル

この2つがあれば、僕は挑戦してもOKかなと思います。でも、この2つがあるなら、他のことやったほうが目的達成は近い気が……。

P.S.「仲間」に頼らず「1人」で生きる

ネットワークビジネスをやっている人とは、正反対の考え方かもしれません。笑

だって、考えてみてください。せっかく一生懸命自分の時間、お金、労力を注いで「人」に投資して事業が成り立つ状態を作ったとしても、その人が辞めてしまったら一瞬にして何もなくなっちゃうんですよ。苦笑

(いやー何度この経験を僕はしたのだろうか……)

だから、ネットワークビジネスに限らず組織を大きくしていって魅力的な人たちと一緒に事業をやれている人を本当に尊敬します。これは皮肉ではなくて。

僕は7年間自分なりにやってみたものの、うまくいきませんでした。最初に集めるのは得意でも、どうしても人が離れていってしまう。組織崩壊!どひゃー!

ということで、起業してから7年間で僕がたどり着いた答えは

「時間・お金・労力」を投資するなら、「人」のように辞めたら残らないものではなく、将来に残る「資産」に投資するということです。僕が一番投資をしたいのは、

  • 自分のスキル
  • インターネット上の仕組み(このブログもそうですね)

この2つですね!

特に2つ目の、インターネット上の仕組みはいままでの僕がサボってきたことでした。きちんと情報発信をしてブログに知識などを蓄積したり、メールマガジンの仕組みを作ったり。

もっとここに力を入れていれば、今の状況ももっと変わってかもしれないと、ちょっと後悔しています。

ただ、人が辞めると成り立たないビジネスモデルではなく、人がいなくても最悪自分さえいればなりつ状態が、かなり理想に近いのかなと!

組織を大きくして、大きな事業をやるというより「1人の自分」と「インターネット」と「ネット上のサービス」を駆使して、いまの時代に合った事業のやり方を僕はこのブログを通じて発信できればと思っています。

それでは!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です