留学支援

『留学よりも本気なREBORNワーホリ・REBORN留学』とは?

サービス概要

サービス名留学よりも本気なREBORNワーホリ・REBORN留学
サービス開始日2017年4月(現在3年目)
顧客数(2019年8月3日現在)合計102名
運営・販売会社Outgrow Japan株式会社
プログラム開発者鳩野寛文

顧客の属性(2019年8月3日現在)

男性女性
17%83%
学生社会人
20%80%
事前準備中海外挑戦中帰国済
70%25%5%
東京大阪福岡
41%38%21%

世界に日本を売れるグローバル人材の育成を目指す

『留学よりも本気なREBORNワーホリ・REBORN留学』は、『世界に日本を売れるグローバル人材』を目指すプログラムです。急速なスピードで少子化とともに人口減少が進む日本では、外国人向けの事業が着目されています。

東京オリンピックや大阪万博の誘致に、国や地方自治体などが力を入れて成功したことが記憶に新しいでしょう。

外国人を対象にした仕事ができる人材となり、帰国後の就職活動・転職活動に生かしてもらうことがREBORNの目的です。

留学支援 事業内容

REBORNワーホリ説明会

毎月、東京・大阪・福岡の三都市でREBORNワーホリの説明会を実施しています。他の会社や、インターネットでは検索しても出てこない留学業界の裏事情をお伝えしています。

留学サポート

『留学よりも本気なREBORNワーホリ・REBORN留学』では、開発者の鳩野寛文が日本滞在中にお客様をサポートいたします。留学業界で働きはじめて17年目の鳩野は、これまでに4000名の日本人をサポートしてきました。

プロの留学カウンセラーである鳩野が、お客様の海外挑戦を安全で最高の経験にしてもらうためにサポートしていきます。

事前準備カリキュラム『磨く』の運営

『留学よりも本気なREBORNワーホリ・REBORN留学』のカリキュラムには、5つの柱があります。そのうちの1つ目の柱である【磨く(事前準備)】を弊社で行っております。

①自学自習カリキュラムの作成と英語指導(添削等)

留学前の準備で最も重要なのが、『英文法』と『語彙』の勉強です。勉強嫌いな人が最も避けてきた分野でもあると思いますが、この分野を日本滞在中にやっていなければ1年間海外に行っても全く成長しません。

多くの日本人が成果を出せない原因が、この英文法と語彙の習得にあります。REBORNプログラムでは、渡航前に文法力と語彙力を目標値まで高める自学自習カリキュラムを作っています。

英語指導の講師が、お客様の英語力向上を目指して添削や質問回答をしております。

②対面講座(1〜3ヶ月に1回)

REBORNプログラムには3つの対面講座があります。

①Grammar Class(3ヶ月に1回)
②Speaking Class(1ヶ月に1回)
③Communication Class(1ヶ月に1回)

対面講座をする目的のうちで最も重要なのが、「モチベーションの管理・維持」です。対面の講座を受けたからと言って、1日で英語力やコミュニケーション能力が上がることはありません。

講座で、共通の目的を持つお客様と顔を合わせて情報交換を行ったり一緒に授業をうけることによって長期的に勉強をするモチベーションに繋がります。一人では中々勉強が続かない人でも、環境を用意しているので自学自習を継続的にすることができるようになるのがREBORNの対面講座の特徴です。

③課外活動(TAMARIBA/100 Missions)

英文法や語彙の習得は、重要ですが面白いものではないので継続することが難しいというのがデメリットでもあります。そのため、REBORNではアウトプットをする環境として課外活動をする環境も用意しています。

そのうちの一つであるTAMARIBAは、外国人と日本人国際交流イベントとして環境を用意しました。世界に日本を売るグローバル人材を目指すのをREBORNの目標としているので、たこやきや花見などの日本独自の文化をコンテンツに交流イベントを実施しています。

1年間に2回の海外ロケ(Sydney・NEW YORK)

REBORNワーホリはSydneyからNEW YORKに挑戦していただきます。お客様が実際にどのような場所で働いているのか?どんな場所で生活しているのか?英語力が実際にどれぐらい伸びているのか?を、これから渡航する人やREBORNを検討している人に伝えるために年に2回海外ロケを実施しています。

NEW YORKでのJapan Fes.に出店し環境を提供

世界に日本を売れるグローバル人材の集大成が、NEW YORKです。4月〜10月までの期間にはJapan Fes.という1万人のニューヨーカーが集まる日本のグルメイベントが開催されるのですが、弊社も自社で出店をしています。

2019年7月のJapan Fes.では「焼きとうもろこし」を出店しました。この出店をする際に様々な英語を使った仕事が必要になってくるので、REBORNのお客様が帰国後に話せる実績を積む環境を用意しています。

REBORNの運営スタッフ

Hirofumi Hatono(REBORN Japan Manager)

『留学よりも本気なREBORNワーホリ・REBORN留学』の開発者兼Japan Managerである。留学エージェントの大企業・中小企業で13年間勤務し4000名の日本人をサポート。9年間の日本勤務と、4年間の海外勤務で培った知識と経験をメンバーに共有している。

Kana Endo(REBORN Grammar Coach)

TOEIC985点と、英検1級の資格を持つ英文法の英語講師。自身もカナダのトロントに1年間ワーキングホリデーをし、独自の勉強法でTOEIC960点を取得。REBORNでは、メンバーの英文法と語彙力を高めるためにカリキュラム作成と丁寧な質問回答や英語指導をする。

Yusuke Kikuchi(REBORN Speaking Coach)

トビタテ留学Japanの日本代表として選出され、オーストラリアでワーキングホリデーを経験。オーストラリア滞在中に、10000人の外国人に初対面で話しかけ自分オリジナルの英会話法を取得した。帰国後自身の英会話スクールを立ち上げ、REBORN プログラムのSpeaking Coachを担当する。

Shuhei Yamamoto(REBORN Communication Coach)

REBORNプログラム販売・運営会社の代表取締役 兼 Communication 講座の講師。20歳の時に経験した1ヶ月間のフィジー留学をきっかけに、留学事業をすることを決意。2016年9月に鳩野と出会い、はじめてREBORNプログラムのことをきいたその日に鳩野をヘッドハンティング。1人でも多くの人にREBORNプログラムを届けて、グローバル人材を育てることをモットーとする。

Junko Sato(REBORN Australia Manager)

メンバーがオーストラリアに滞在中に最も関わる人物。オーストラリアの母と呼ばれておりメンバーが「1人で海外で生活・仕事をしていけるようになる」ためにサポートをする。自身も24歳のときにワーキングホリデーでオーストラリアに滞在をし、その後永住権を獲得して現在は在住21年目。鳩野と一緒にREBORNワーホリの開発をした。

Tatsuya Yamamoto(REBORN NEW YORK Manager)

Japan Fes.や本家TAMARIBAなど、メンバーがNEW YORKで実績を作ることができる環境を用意するNEW YORKの責任者。岡山県出身で同志社大学を卒業後、NEW YORKに活動場所をうつしてアメリカの永住権を獲得。イベントオーガナイザー、不動産、飲食店を経営しNEW YORKに幅広い人脈を持つ。