魅力的なプロフィールとは?

年収や売上に直結する自己紹介やプロフィール

1人で起業するにも、転職するにも「魅力的なプロフィールが言える・書ける」と年収や売上に直結するんですよ。少し変えるだけで売上が2倍になったり。

しかし、これがひじょーーーーに難しい!

どんな場面で使われるプロフィールなのか?によって

・何を言うか?
・どのように言うか?

が変わってきます。そのプロフィールをみる(聞く)人が社長(決済者)なのか?消費者なのか?異性なのか?でも違う。

僕のように様々な業種をやっている人だと事業ごとにプロフィールの見せ方は変えなければなりません。(例:食品メーカーさんには飲食店や食フェスに関するプロフィールを話す)

だから、いつどこで誰に対しても適切な自己紹介ができるというのはとても大事なんですよね!

そんな僕も起業してから、幾度となくプロフィールの書き方を研究してきました。そして今なお現在進行系で研究中。

今月は魅力的な自己紹介文とは?プロフィールとは?を研究していく様子を発信していこうと思います。

1人起業家における自己紹介文=セールスレター

初見の人だったら、この人ってどんな人なんだろう?と気になりますよね。そのときに開くのがプロフィールページです。

・どんな仕事してるんだろう?
・どんな人柄なんだろう?
・どんな顔なんだろう?
・どんな主義主張を持ってるんだろう?

といろいろ気になるところ。1人で事業をしている人が、重要視しなければならないのは「◯◯さんだからお願いしたい」と言われることです。

じゃあ、どうやったらそう言われるのか?それが自己紹介プロフィール。自己紹介といっても、普通はお金や売上に結びつかないかもしれませんが起業の世界ではそんなことありません。

小さい規模だからこそ、売上や収入が2倍・3倍になったりするんです。だから、自己紹介文=セールスレター(商品を売るためのページ)とよく言われるんですよね。

魅力的なプロフィールとは?定義付けをする

先生にこの前教えてもらいました。何かを考えるときはまず、定義づけから始めなさいと。定義が曖昧なのに、そのことについて語ることもできないし評価を求めることもできませんと。

それで大きく反省したので、しっかりと定義づけをします。僕にとっての魅力的なプロフィールとは「人の心を動かせるプロフィール」です。その文章を読んでも、何もアクションを起こさなかったらどれだけすごそうに見えても意味がありません。

では、人の心を動かすプロフィールとは?

ズバリ、問い合わせ数です。

プロフィールページに起業相談のリンクを張っておいて、そのリンク遷移数と問い合わせ数完了数を目標数値にしたいと思います。Twitterのフォローバック率も参考になりますね!ブログに関しては、最後にこのリンクをはるようにします。

※ただ、まだGoogleアナリティクスが完全じゃないのでプロフィールページからのアクセスっていうことがわからないといけない

ブログのプロフィールページへのアクセスを増やすことも重要

全体のアクセス数はさておき(笑)

僕のブログにおいて、プロフィールページは第6位ぐらいの位置でした。(コメントしづらい笑)まずはここのアクセスも増やさないといけませんね!

今後、勉強すること

問い合わせ数を増やすことのできるプロフィール文とは?を考える上で、現状目星をつけているのが

・ストーリーテリング(ストーリーを語って人を動かす)分野
・短い自己紹介で相手の心を掴む

に関連する書籍です。現状のプロフィールがこちらなので、このプロフィールページをガンガン魅力的なものにしていきますよ!

今日は時間がないのでここまで。それでは!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です